一般投資家に衝撃を与えた「黄金の株手法」

2010年06月28日

相場が上げても下げても利益を狙う。




相場の上昇、下落に
一喜一憂するのはもうやめませんか?

相場が上げても下げても利益を狙いましょう。

大勝ち、大負けを繰り返しては
継続的に資産を増やすことはできません。

大負けを避けながら、コツコツと利益を重ねる。

これが「最後に笑う」投資手法です。

相場をけん引する主役は毎日変わります。

それを業種から絞り込んでいくことで、
翌日の陽線・陰線銘柄をキャッチ。

ごく短期での回転トレードにより、
抜群の時間効率と資金効率を目指します。



ラベル:
posted by ストック at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 優良情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

1万円から始められる中国株投資




日本株で思うように成績が上がらない。
FXは危なそうで怖くて始められない。

中国が成長しているのは、十分に理解しているが、
どうやって自分の利益にすればよいかわからない。

日本が将来経済破綻しそうなのはわかっているつもりだが、
どう対応したらよいかわからない。

中国株をどこの証券会社で買えばよいか悩んでいる。

本教材の特徴:
その1
株の素人でも簡単に銘柄を判断できます。
株の世界は弱肉強食ではないか、と考えてしまいがちですが、
決してそうではありません。

投資金額が低ければ、当然リスクは低いですし、
なんせ、中国株は1万円程度から始められます。

日本にいて、中国株の株価を調べるのは、基本は、
インターネットになりますが、中国の成長に合わせて、
株価が上がっていくのが普通ですので、
毎日の株価チェックが楽しみにもなります。

本教材の特徴:
その2 
大型株を選ぶ必要はありません。
もちろん、今回紹介している銘柄の中で、
大型株もありますが、高配当利回りの銘柄は、
二期報や、四季報で紹介しているもの以外にもたくさんあります。

株は博打ではありません。
ただ闇雲に株を片っ端から買っていけば大変なことになりますし、
そんなことは普通できません。

しかし、各社データを集めることは、
非常に時間がかかります。

あなたがすることは、私が集めたデータを比較検討して、
株購入の判断材料にすればよいだけです。

そうすれば、大事な時間を無駄にすることはありません。


ラベル:
posted by ストック at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 優良情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。